×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゲームレビュー喫茶・おれんじ☆じゅ〜す「おかわりっ!!」 ゲームに関するあれこれ探究ページ。もっともっとゲームを楽しむために……
売れてるエロゲトップ10売れてるDVDアニメトップ10売れてるゲーム音楽トップ10

ゲームレビュー
<高評価作品>
<あ行>
<か行>
<さ行>
<た行>
<な行>
<は行>
<ま行>
<や行>
<ら行>
<わ行>
<ファンディスク>

エロゲ関連情報

ゲームレビュー(目次)>>さ行(個別)

Summer Days -サマーデイズ-

体験版ダウンロードページ  オーバーフロー
サマーデイズ
サマーデイズ
お薦め度 システム シナリオ 音楽
B+ B+ B- B- A-
キャラ ボイス 演出 H度
B+ A- B B+
[WIN(DVD-ROM)][06/10/27]
[ボイス:一色ヒカル,松永雪希]
「――それは、ありえたかもしれない夏の出会い」

 バイトの帰り道。最寄り駅の電車には乗らずに、一駅分余計に歩く刹那。次の駅までには誠の家がある。海岸通りを歩いていると、「ラディッシュ」でなついてきた小さな女の子が抱きついてきた。とまどう刹那。追ってきた人物は……誠だった。

 システムは前作「スクールデイズ」より格段に進歩しました。(パッケージを見れば分かるように)世界の出番が少ないことしかり、ユーザーからの要望が多かったためではないかと。(初回版のバグ問題はともかく)しっかりと応えたのはメーカーとしてG.J.。

 前作の良いところに加え、シーン回想・セーブにコメントが付けられるようになって、ディスクレス起動も可能。(なお、ルートマップもありますが、役に立たず)

 シナリオは刹那をメインヒロインに沿えながらも、殺傷沙汰がない(とはいえ、ゴルフクラブで殴られたりしますが)エロスマッシュな展開。刹那と「せっちゃん・まこちゃん」と呼び合う仲になった時は、痒さに転げ回らされたりも。刹那ルート以外はおまけ程度に考える方が吉。

 ゲーム中の音楽はいい意味で、相変わらず。ボーカル曲が減ったのは素直に残念。絵もまた、前作同様の長所と短所を持っています。

 キャラは言葉が狂気に当たることなく、普通のお嬢様だったので一安心。世界も含め、その他キャラもある意味、人間臭いと言うか、欲望に忠実な行動ぶり。「ぱふえ!!」と連呼する止の存在が一時の清涼剤ですね。

 H度は神輿の裏で、砂浜で、神社の奥の森で、夏的なロケーションが良し。血筋ゆえか、心に欲情してしまう誠クンの鬼畜っぷりにも脱帽です。ただ、演出にも絡む部分で、前作よりも静止場面が多かったり、駅で誠と止が電車を待っているシーンが余りに雑だったりと、ダウンしているところもあります。

 前作のような流血展開を期待する人には向きませんが、純粋にアニメなえっちを楽しみたい人にオススメの作品です。

[萌えキャラ]
・光、踊子、刹那、乙女(やっぱり光の扱いがアレです)
(関連)[スクールデイズ パッケージリニューアル版] [School Days Secret Live DVD] [School Daysビジュアル・ガイドブック] [School Days ヴォーカルアルバム]

↑<Overflow作品>↑

▲ゲームレビュー喫茶・おれんじ☆じゅ〜す「おかわりっ!!」

Summer Days -サマーデイズ-
「Summer Days -サマーデイズ-」