×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゲームレビュー喫茶・おれんじ☆じゅ〜す「おかわりっ!!」 ゲームに関するあれこれ探究ページ。もっともっとゲームを楽しむために……
売れてるエロゲトップ10売れてるDVDアニメトップ10売れてるゲーム音楽トップ10

ゲームレビュー
<高評価作品>
<あ行>
<か行>
<さ行>
<た行>
<な行>
<は行>
<ま行>
<や行>
<ら行>
<わ行>
<ファンディスク>

エロゲ関連情報

ゲームレビュー(目次)>>あ行(個別)

うたわれるもの 散りゆく者への子守唄

体験版ダウンロードページ  アクアプラス
うたわれるもの 散りゆく者への子守唄
うたわれるもの
散りゆく者への子守唄
お薦め度 システム シナリオ 音楽
A B+ A- A+ A+
キャラ ボイス 演出 H度
S S B+ -
[PS2][06/10/26]
[原画:甘露樹][ボイス:小山力也、柚木涼香]
「大地を踏み鳴らし行け 君だけの旅路をつくれ」

 大陸の北東に位置する辺境の小國の村、主人公はそこで目を覚ます。『エルルゥ』によって大怪我をして倒れていたところを発見され、助けてもらった。だが一命は取り留めたもののそれまでの記憶を失っていた……。

 システムはADVでのオートモードがなかったり、SLG中でのセーブが出来なかったりとやや痒いところに手が届かない印象。必要なものは揃っています。

 シナリオの大筋は小さな村から始まった物語がやがて国規模となり、そして……という激動の展開。オーソドックス風味ではありますが、SLGとの絡みで非常にテンポよく楽しめます。自分的には日常パートのキャラ間の掛け合いに真髄があるのではないかと。

 音楽は主題歌・挿入歌などはもちろん、日常・戦闘のBGMも高クオリティ。巧く盛り上げています。

 絵・キャラ・ボイスは見事な三位一体。特にボイスはラジオ効果も大きいでしょうけど、ナイスキャスティングですね。

 演出は昨今のPS2ソフトとしてはやや物足りない印象。でもOPアニメが良かったり、戦闘カットインが格好良かったりするので満足。

 SLGやケモノ耳が苦手な人でも、とりあえずプレイして欲しい作品。気付けば「われもの世界」に浸ってしまうことは確実です☆

[初回版同梱特典]
・原画設定資料集

[予約特典]
・ふえればふえる! ステップアップキャンペーン

[萌えキャラ]
・アルルゥ、トウカ、カムチャタール(「おとーさん」「某としたことが」「にゃも」)
(関連)[PS2版「うたわれるもの-散りゆく者への子守唄」オリジナルサウンドトラック] [うたわれるものオリジナルゲームサントラ] [TVアニメ「うたわれるもの」音楽集] [TVアニメ「うたわれるもの」OP主題歌 夢想歌] [TVアニメ「うたわれるもの」ED主題歌 まどろみの輪廻] [TVアニメ「うたわれるもの」ドラマCD 〜トゥスクルの皇后〜] [TVアニメ「うたわれるもの」ドラマCD 第二巻] [ラジオCD「うたわれるものらじお」Vol.1 CD+CD-ROM]

(↓↓↓ネタバレあれこれ↓↓↓)

 PS2で発売されることが発表されてから、前評判が高かったこともあり、購入を検討していた本作。また、「うたわれるものラジオ」の大ヒットぶりもあり、そのボルテージはさらにUP。そしてアニメもネタバレを避けるために1話だけを見るに留めておいたという。

 そんなこんなでようやくクリアしたわけですが……うーむ、面白かった☆ SLGモード中はセーブできないこともあって、気付けば見事に寝落ちしていたりも(苦笑)。

 シナリオ自体はオーソドックスな部類に入ると思いますが、ADV+SLGで飽きさせない作りはお見事。特にADVパートは何度「なに、このショートコント!?」とつっこまされたことか(笑)。シリアス場面も赤ん坊をめぐってウルトとカルラが睨み合うシーンとか、ドキドキしましたしね。追加シナリオ部分もクロウが格好良いことこの上なし。

 若干、強引な部分もあったり(クーヤがハクオロにとってつけたように会いにくる時点で先が読める)、後半の展開がかなり早足だったりするのはご愛嬌。

 ラストのエルルゥの表情には「?」でした(=なんで笑顔じゃないのか?)が、よく考えればハクオロの仮面は取れているわけで、エルルゥもすぐにはハクオロだと認識はできないでしょうから、あれで良いのだと思います(アニメは笑ってましたけど)。

 でも、あのリアクションならヌワンギ帰還でも違和感ないような(鬱だ)。

 えー、話を戻しまして、親っさんが途中で抜けたのは痛かった……(←割と贔屓して育てていた)。

 また、エルルゥの髪飾りは「丸いな丸いな」と思っていたら、マスターキーだったというオチ。思わず「なんですとぅー?」ですよ。

 そうそう、ユズハがエンディングで死んでしまっていましたが、妙に納得。この作品は生きて大団円ではなく、散りゆくものがいてこその大団円なのですから。

 あと、ベナウィの見せ場がもちっとあればな、と。オボロとの対決の時ぐらいが見せ場?

 あとあと、クーヤの初顔見せでは「うさ耳のセイバー出たよ!?」と若干、焦りました。

 あとあとあと、甘露樹さんを「かんろじゅ」と思ってました。ごめんちゃい!! 


 というわけで、ほぼ万人に高評価される作品でした。萌えキャラはアルルゥ、トウカ、カムチャタールですが、孤高の自由人・カルラが女性キャラでは一番のお気に入り。

通販サイト |Yahoo!ショッピング | Amazon | 楽天市場 | クレセント

↑<アクアプラス作品>↑

▲ゲームレビュー喫茶・おれんじ☆じゅ〜す「おかわりっ!!」